横浜歴史さろん

コーヒー コーヒー
横浜村

よこはま歴史すぽっと

「石川山手より埋地七ケ町沼地遠望」1868-1888年 横浜市中央図書館所蔵
開港当初の横浜にはまだ沢山の沼地があった。埋地七ケ町とは現在の横浜市中区の不老町・万代町・翁町・扇町・松影町・寿町・蓬莱町あたりのこと。

★New「横浜歴史さろん」の弟妹サイト「横浜歴史さんぽ」を開始しました!

幕末期に、自由貿易の開港地に選ばれた横浜には、多くの外国人たちが富を求めてやって来ました。日本側では、各藩が代表者を横浜に送り込み、また各地から、開港地で一旗揚げようと多くの人々がやって来ました。横浜には、目新しい物事や珍しい”始まり”がたくさんあります。

このページには、横浜の歴史を振り返り、一般市民の眼で見て、調べて、知ったものなどを掲載していきます。

ここに記載されていることは、専門の研究者ではなく、歴史好きの素人が、自分たちで取得しえた情報の範囲で調べて、独自の見解を加えて書いたものであり、想像をふくらませた「歴史のあそび」も加わっているかもしれません。あらかじめお断りしておきます。

- - - - - - - - - - - - - - -

この歴史すぽっとの記事全文を読むには、会員登録(無料)が必要です。会員については、 こちらをご覧ください。

#####################################
2 / 41234

トップへ戻る