横浜歴史さろん

コーヒー コーヒー

ザ・ゴールデンカップス  (本牧、1960後半〜70年代、 横浜を代表するグループサウンズ)

クラブ「ゴールデンカップ」中区本牧町1丁目(2016年6月12日撮影)

本牧は、第二次大戦後、本牧十二天を含む中心部が、米軍に接収され、在日米軍の住宅地ベイサイドコートとなっており、フェンス一枚を隔て向う側がアメリカという、アメリカの香りのする町だった。そのすぐ外側に、クラブ「ゴールデンカップ」があり、日本人とアメリカ人の入り混じる独特の文化をもっていた。その中で、結成されたのが、ザ・ゴールデンカップスというグループサウンズ(GS)であった。

GSは、1966年に来日したザ・ビートルズの影響を受けたアーチストたちが、70年くらいまでをピークに活躍した現象であった。特徴は、エレキギター、エレキベースといった電気楽器を主体とした4~7人編成のバンドであること。さらには、歌う人(歌手)、演奏する人(バンド)、作る人(作詞家、作曲家など)という垣根をなくしたことであった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ー項目一覧に戻るー