横浜歴史さろん

コーヒー コーヒー

神奈川でのヘボンの施療

太平洋戦争の末期。空襲での焼失を恐れた明治学院では、保存していたヘポンの資料を仙台の東北学院へ移動した。文字にかかわる書類と聞く。成仏寺時代の原稿ではなかったかと思われる。

1890年横浜で撮影されたヘボン夫妻の金婚式の記念写真

1890年横浜で撮影されたヘボン夫妻の
金婚式の記念写真(Wikipediaより)

寛永十六(1639)年からの鎖国を解き開国を余儀なくされた幕府は、安政六(1859)年五月二八日、神奈川・長崎・箱館の三港を貿易の窓口とし、六月二日神奈川(横浜)・箱館の二港を開港した。リンカーンが米国大統領となる前年である。
 三人の子を病気で亡くした四四歳のヘボンとその妻は、米国長老教会の宣教医として一人息子のサミエルを知人に託しての自費による来日であった。同年九月二三日、まだ一漁村の横浜村洲干渡船揚から小舟に乗り、洲崎神社前の宮の河岸に着いた。開港間もない神奈川は混迷を極め、攘夷の風が吹き荒れ、切支丹禁制の監視も厳しく布教どころではない状況であった。商取引その他一切、外国人とかかわりを持つ時は届出が必要と度々触書も出されていた。ヘボンは、こんな四面楚歌のなかで成仏寺に住いを定めたが、施療にも日常生活のためにも早急に日本語習得の必要を迫られた。(そのことが『和英語林集成』やヘボン式ローマ字に結実している。)

文久元(1861)年四月より成仏寺の川向こう宗興寺にシモンズ(宣教師・医師)の後を受けて施療所を開いた。同年七月、奉行所からヘボンの施療に関する触書が出されたことが、『差上申御請書之事』(文久辛酉元年七月御触書幷用留帳成仏寺門前名主源七=神奈川県立公文書館蔵)に記されている。(文末参照)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ー項目一覧に戻るー